TEST RIDE

[試乗記]

フォード謹製の復刻モデル最終版

2022 フォードブロンコ 2.3 BIG BEND

正式デビューまでに5年かかった待望のSUV

これから数年、日本において必ずやブレイクするであろう魅力的SUVを取材した。

更新日:2022.09.30

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

待望の復刻モデル

 2000年前半から始まったフォードの復刻物語。フォードGT、サンダーバード、マスタングといった歴代モデルの復刻現代版をデビューさせたフォードは、2015年に「ブロンコ」の復活に触れ、コンセプトモデルを発表した。そして2018年にはデビューという情報が駆け巡ったのだが、その後音沙汰は全くなし。

 フォードにおける復刻物語は頓挫と誰もが思ったわけだが、2019年末、「ジープラングラーを仮想敵とした本格的オフロードモデルとしてデビューする」と突如発表され、スクープフォトがこれまた業界中を駆け巡った。

 しかもその後、コロナウイルスによる工場停止ともにリーク情報が溢れ、様々な憶測というよりは、ある程度確実な情報がメディアを席巻。そして2020年に7月に正式発表された。

 デビューまでに約5年かかったわけだが、発表されたモデルは予想以上の反響だった。そして発売開始が21年の春。

▲1966年型ブロンコをベースに復刻モデルとして2021年にデビューした新型モデル。丸目ヘッドライトを有する最新SUVとして本国アメリカでは大人気モデル。

▲Big Bendだからフェンダーやサイドミラーがブラックになっており、オフの雰囲気を感じさせてくれる。素晴らしく魅力的な現代的SUVだ。

2.3リッター直4エコブーストターボ搭載のBCD車両

 だが、コロナ禍ということで生産を含め全てが遅れに遅れ、さらに予想以上のプレミア価格ということもあり、そして空前の大ヒット作ということで、当然ながら入手するのはかなり困難な状態だった。

 プラスして、2021年以降のフォード車には、メンテナンス時に使用する電子デバイスもバージョンアップされた「VCMⅢ」が必要になるから、当然日本でも扱いが限られる。
 
 そんな中で、遂にブロンコがBCD車両として日本に直輸入された。走行約5000キロの「BIG BEND」。2.3リッター直4エコブーストターボ搭載でボディカラーはArea51である。

 BCDではこれまでチャレンジャーやマスタングといったハイパフォーマンスモデルを中心とした品揃えを展開していたが、そうしたパフォーマンスモデルたちは乗員数が限られる。

 くわえてSUVを求めるファミリー層からの声も多くあがり、かつBCDらしい車両を、ということで本国では人気絶頂のブロンコを、今あえて仕入れたという。

 もちろんBCD車両だけあって、カリフォルニアにある本国支社による精査と点検が入り、程度良好な個体が輸入されているのは間違いないし、BCDにはすでにVCMⅢが随分前から導入されているからそういう意味での安心感は非常に高い。

▲搭載されるエンジンは2.3リッター直4エコブーストターボで270hp、最大トルク310lb-ftを発生させ、10速ATと組み合わされる。

▲ブルーオーバル(フォードのバッジ)が貼られることはなく、フロントグリルには「BLONCO」のネームが。とにかく顔が印象的(まるでパグのようで可愛い)。

▲Big Bend」には17インチアルミ、32インチ255/75R17 A/Tタイヤが装着される。

これぞ直輸入車の醍醐味モデル

 余談だが今現在、横浜店にはジープグラディエーターが展示されているのだが、そちらはなんとMT車。当然正規ディーラー車にはないラインナップであり、あえてMT車を導入するというこだわりに拍手を送りたい!

 というか、これぞ直輸入車の醍醐味であり、こうした日本に正規で輸入されていない車両を独自に輸入し、そしてそれらの個体の状態は常に良く、だが万が一、機械だからこそ何かあった場合には本国ディーラーと同じ体制による整備フォローにて対応するというBCDのような存在は、電気自動車とガソリンエンジン車が行き交う岐路に立たされた時代だからこそ、より貴重な存在となるはずである。

 さて、現代版ブロンコのデザインベースとなっているが1966年型ブロンコで、丸目ヘッドライトを有する意匠。旧型と比較すればわかるが、誰が見ても復刻モデルと認識できる一方で、全体の雰囲気はイマドキのSUV風情。

 ジムニーやFJクルーザー、ラングラーといったモデルたちが絶大なる人気を誇っているが、それらモデルたちの良い面をすべて詰め込んだオフロード風SUVといった感じだ。ちなみに、旧1966年型には4ドアモデルは存在していない。

 ボディサイズは4ドアで全長×全高×全幅:4810×1854×1928ミリ、ホイールベース:2949ミリであり、同じフォードで言えばエクスプローラーより一回り小さいサイズ感でミッドサイズSUVにカテゴライズされる。

 このサイズ感に組み合わされるエンジンは2機種。2.3リッター直4エコブーストターボで270hp、最大トルク310lb-ftを発生させるスタンダードエンジンと2.7リッターV6エコブーストツインターボで310hp、最大トルク400lb-ftを発生させる上級エンジンである。ともに10速ATと組み合わされる(7速MTもあるが、2.3リッター直4エコブーストターボのみに搭載可能)

■2.3リッター直4エコブーストターボ:270hp、最大トルク310lb-ft 7速MT or 10速AT
■2.7リッターV6エコブーストツインターボ:310hp、最大トルク400lb-ft 10速AT

▲復刻版ブロンコと言うよりは最新SUVに相応しい質感のインテリア。使い勝手や質感がよく、8インチモニターとイマドキの必要要素を全て網羅している。

▲デジタルとアナログを融合させたオリジナルメーターの視認性も良い。

▲搭載エンジンに組み合わされるミッションは10速ATで他メーカーをリードする。

▲最新のインフォテインメントシステム「Sync4」にも対応しているからスマホによるナビの投影も可能である。

ソフトトップが標準ルーフ

 面白いことに、ボディには伝統的なブルーオーバル(フォードのバッジ)が貼られることはなく、フロントグリルには「BLONCO」のバッジ。

 ルーフはソフトトップが基本で、オプションの脱着式ハードトップは3段階の取り外しが可能。もちろん左右ドアまで脱着式である。

 また足回りはフロント独立懸架、リア5リンクという構成の4WD仕様。前後共にハイパフォーマンスオフロードスタビリティサスペンションを備え、地上高やサスペンショントラベル、アプローチアングルといったオフロード性能に最大限注力されている。

 一方インテリアは、初代ブロンコをテーマにデザインされ、各種メーターやゲージ類の視認性が良く、使用されているマテリアルにはアウトドアを意識した素材を使用し、一部のモデルには水洗い可能なゴム引きの床が使用されているなど、本格派アウトドアマシンとしての機能性を持ち合わせている。

 センターコンソールには標準の8インチタッチスクリーンの他、最新のインフォテインメントシステム「Sync4」にも対応しているからスマホによるナビの投影も可能である。

 このブロンコには6種類のモデルが存在「BASE」、「Big Bend」、「Black Diamond」、「Outer Banks」、「Wildtrak」、「Badlands」し、11色のボディカラーがチョイス可能となる。

▲ツートーン柄のシートに安っぽさは皆無であり、レザーではないが質感や作りに不満な点は全くない。サポート性もかなりある。シートの状態もかなり良い。

▲リアシートは足元スペースにかなりの余裕があるから、この部分に関してはラングラー以上に使える。

▲リアハッチはご覧のように開く。リアには必要十分な荷室もあるからアクティブに使い倒せる。

最新SUVとしての優越感と洗練性

 今回取材したブロンコは、Area51と呼ばれるブルーグレーのような原色カラーの2.3リッター直4ターボエンジン搭載の「Big Bend」。

 ブロンコは、モデル別にある程度の装備が決まっており、「Big Bend」は17インチアルミ、32インチ255/75R17 A/Tタイヤ、LEDフォグランプ等といった装備が付帯しているグレードである。

 さて、間近で見る現代版ブロンコだが、予想以上にいい。あくまで現代SUVとしての評価であるが、素晴らしく魅力的だ。また個体の状態も素晴らしい。まるで新車のようであり、特にインテリアの使用感の無さやシートの状態には驚きすら感じる。

 巷でよく言われる、丸目こそ最強(ミニ、ポルシェ、ビートル、ゲレンデ、ラングラー)、といった外車の法則らしきものにも則っているデザインは固有のもので、デザインいいし、サイズ感もいいし、さらに全体の質感もいいから、「ラングラーほどアウトドア感はいらない」という方にもオススメできる(現代の最新SUVとして非常にまともだから)。

 それでいてラングラーに近い悪路走破性は備えているわけだから、さらに室内空間もラングラー以上に広いし快適であるわけだから、見てみるだけでも価値はある。

 ちなみに、幌を外してフルオープントップも可能だから、ラングラーにできることはブロンコにおいても当然可能であり、アクティブにも使い倒せるだけの魅力を持ち合わせていることも付け加えておく。

 くわえてBCDは上記したフォード専用の電子デバイスVCMⅢを有した自社での確認や日本仕様への自社改善を行っており、そうしたメンテナンス等のアフター系の充実度が高いから安心感が違う。

 個人的にはかなり待ち望んでいた車両である。というのも、ブロンコなら今のラングラーに勝るとも劣らないほどの性能を与えてくれ、かつ最新SUVとしての優越感と最新フォードの洗練性を与えてくれるから(エコブーストターボ、ツインターボ、さらには10速AT、安全装備等)。

 そしてその扱いがBCDであるなら、その独自の輸入システムと購入前後のフォローがまるでディーラーのような存在であるから買う側としても安心して任せられるし、日本を走る新型ブロンコはまだまだ少ないので、今乗れば当然ながら目立つこと請け合いである。

▲2021年以降のフォード車には、メンテナンス時に使用する電子デバイスもバージョンアップされた「VCMⅢ」が必要になるから、日本での扱い店が限られる。

▲BCDでは上記のフォード専用の電子デバイスにて日本仕様への自社改善や確認作業をすでに行っている。

▲直線基調のボディスタイルが復刻版であることを物語る。サイズ的にはさほど大きさは感じさせなミッドサイズだから日本の道路で困ることもそうはないはず。

RELATED

[関連記事]

2022 フォードブロンコスポーツ

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 フォードブロンコスポーツ

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1975 フォードブロンコ

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

SHOP

[同店舗記事]

2018 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2020 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1965 ダッジコロネット440 コンバーチブル

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

2024 ダッジチャージャー

NEWS & INFORMATION

2014 トヨタタンドラ SR5 vol.1

TEST RIDE

FLEX USトヨタガレージ店

SMS 570 チャレンジャー

TEST RIDE

ASDN事務局

American Muscle Drive in Fuji SPEEDWAY開催レポート

SPECIAL ARTICLES

ウイングオート

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーカプリスワゴンLT-1エンジン
シボレーカプリスワゴンLT-1エンジン

268万円

年式:1995年

走行距離:154,000km

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円
支払総額348万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ