TEST RIDE

[試乗記]

人々を魅了するオールドスタイルは90年代アメ車

1991 シボレー K5ブレイザー

若返り作業で一段と輝く元祖SUV

1991年型シボレーK5ブレイザーを取材した。

更新日:2023.11.29

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/ジャパンレーストラックトレンズ TEL 0356613836 [ホームページ] [詳細情報]

シボレータホに通じる元祖SUV

 角目のゴツいSUVと言えばシボレーK5ブレイザーというのが定説である。

 だが、一見するとK5ブレイザーは旧車のような風情をもたらすから、オールドスタイルのキャブレター車か? と思うかもしれない。

 が、例えば今回取材した91年型K5ブレイザーだとインジェクション車両だから、サードカマロと同じくらい気軽な感じで乗れてしまう。

 くわえて91年型車であるにもかかわらず、角ばったボディを持つフルサイズSUVである。

 いわゆる近代的なSUVが見せるラグジュアリーな雰囲気は皆無であり、これぞアメリカの迫力と旧時代の産物が見せる趣味性の高さが特徴的であり、なんともアメリカ的で人気がある。

▲1991年型シボレーK5ブレイザー。ピックアップトラックの荷台にキャノピーを装着したスタイルが当時の特徴。この個体は外装&内装の若返りを行ったことで、K5ならではの魅力が一段と増している。

▲1インチリフトアップとホイール交換以外、目立つカスタマイズが行われていないのもこの車両の特徴。

 ちなみに、K5ブレイザーでも70年代ともなると丸目のヘッドライトを持つ、これまた魅力的なボディデザインを持ったSUVであるが、70年代車両ともなれば当然90年代のK5ブレイザーよりも維持の手間がかかる。

 そういう意味では取材個体のような90年代のK5ブレイザーは、ある意味非常に貴重な存在である。

 なお、K5ブレイザーはSUVの元祖とも言える存在で、1969年に初代がデビュー。その時代のライバルはフォードブロンコである。

 そして1973年に二代目モデルがデビューし、それが1991年まで続く。そして三代目が1992年に登場するが1994年いっぱいで終了となり、そのまま「タホ」へと名称を変更する。

 すなわち、K5ブレイザー(以下、K5)とは、今なお存在するシボレータホの祖でもあったのだ。

 で、取材個体は1991年型だから二代目最終モデルであり、非常に貴重な存在と言えるのである。

▲搭載されるエンジンは5.7リッターV8エンジン。210hpを発生させる。

▲エンジン&ミッションは基本的に頑強だが、補記類や各種センサー類は消耗品として交換した履歴がある。

▲32年前の車両とは思えないほどクリーンなインテリア。消耗やヤレはあるも、適宜手を施すことでご覧の状態を維持している。

 さて、そんな91年型K5には5.7リッターV8エンジンが搭載され、4速ATと組み合わされる。

 上記した通りインジェクション搭載のV8だから現代でも気兼ねなく乗れるし、定期的なメンテナンスを加えることで長い間良い状態を維持することも可能である。

 くわえて組み合わされるミッションもオーソドックスな4速ATであるから、これまた定期的なオイル交換等で調子を維持することが可能であり、実際、取材個体は32年前の車両であるにもかかわらず、「エンジンとミッションはオリジナル状態のまま」というから、いかに適切な整備を受けてきたかがわかるだろう。

 だが。とはいえ、32年前の車両ともなれば、ノントラブルというわけにはいかない。実際、各種センサーや補記類等のパーツが寿命になりそれぞれを交換してきたという。

 例えばアイドルスピードセンサーとか水温センサーとかブレーキオイルのタンクが腐食するとかetc である。

 が、ずっと面倒を見てきたレーストラックによれば、「エンジンやミッションといった基本ベースが非常にタフなので、そしてこれまで交換してきたセンサー類や補記類は、ある意味消耗品なので、はっきり言って『故障と呼べる故障』はないんですよ」

▲インパネ6連メーターはこの当時ならではのもの。もちろん全て稼働する。

▲4速ATはコラムシフト。

▲電圧、油温、水温、時計の4連メーター類。

 なるほど。この車両、よく見れば、1インチ程度リフトアップしてホイールが社外品に交換されているが、それ以外はほぼほぼノーマル状態である=過度なカスタマイズ等が加えれれることなく丁寧に乗られ、かつ適切な整備を受けてきたことで、32年経った今でも全く違和感なく普通に乗れるのだろう。

 ただし。車両の基本ベースは非常に頑強ということだが、内外装=ボディ外板やインテリアにおいてはサビや擦れや破れといった瑕疵によって浸食されており、それらは年代物の宿命とも言える「ヤレ」であり、ある程度の費用をかけそれらの対応も行っている。

 具体的には、ボディの板金やシートの補修である。

 ボディは、外板を補修し同じ純正色でペイントし、ヤレたシートは、アメリカ本国から生地を取り寄せ日本国内で張替えを行っている。

 で、見ればわかるが、ご覧の通りのコンディションである。ピカピカに輝くライトブルーのボディにホワイトのキャノピーがよく似合う。くわえてK5らしさを失わせないライトなカスタマイズもマッチしており、めちゃくちゃカッコイイ、というかオシャレである。

▲フロントシートは、アメリカ本国から生地を取り寄せ日本にて張替えを行っている。

▲リアシートはオリジナル状態のままコンディションを維持している。

▲メッキパーツ類のコンディションの良さが全体の栄えに効果を発揮している。

 インテリアを見ても、シートを張り替えただけではあるが、見違えた非常にクリーンな印象をもたらしている。

 もともと、ダッシュボードにひび割れがあったりその他に大きな瑕疵があったりするわけではないので、シートを替えるだけでも十分な変化が感じられるのだろう。

 「この車両は、メンテナンスを中心としたコンディション重視のオーナーカーでして、今回はレストア的作業を行いました。レストアというとちょっと大げさかもしれませんので、若返り作業の方が適切かもしれませんね」

 一台のアメ車に長く乗って行くと、ある時点で「どうしようか」と岐路に立つことがある。もちろん売却し違う車両に乗ることも一つの案だが、もしも長く乗るつもりなら、こうした若返り作業も一考の余地ありだろう。

 オーナーさんにしてみれば、ボディやインテリアが見違えたことで、今後より一層大切に乗る気持ちが増え、定期的な整備にも精が出ること間違いないのである。

▲めちゃめちゃデカいフルサイズボディにもかかわらず2ドアというのがアメ車らしい!

RELATED

[関連記事]

1996 シボレータホ 2ドア

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2008 シボレーコルベットC6

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

2025 シボレータホ & サバーバン

NEWS & INFORMATION

1991 シボレー K5ブレイザー

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

SHOP

[同店舗記事]

2003 ダッジデュランゴ R/T

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

1996 シボレータホ 2ドア

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

1991 シボレー K5ブレイザー

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2003 ダッジラムバン & 1996 ダッジラムバン 

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

1965 フォード マスタング

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

1996 シボレーサバーバン スタークラフト

SPECIAL ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ハマーハマーH3ラグジュアリー
ハマーハマーH3ラグジュアリー

198万円

年式:2009年

走行距離:100,417km

ガレージダイバン

ハマーH3ラグジュアリー
ハマーH3ラグジュアリー

188万円

年式:2008年

走行距離:71,121km

ガレージダイバン

キャデラックXT5クロスオーバープラチナム
キャデラックXT5クロスオーバープラチナム

288万円

年式:2018年

走行距離:51,600km

ガレージダイバン

フォードE-150XLT
フォードE-150XLT

388万円

年式:2008年

走行距離:76,800km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

3,168

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー

3,344

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2023有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ハマーハマーH3ラグジュアリー
ハマーハマーH3ラグジュアリー

198万円
支払総額234万円

年式:2009年

走行距離:100,417km

ガレージダイバン

ハマーH3ラグジュアリー
ハマーH3ラグジュアリー

188万円
支払総額225万円

年式:2008年

走行距離:71,121km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

3,168

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2023有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ