TEST RIDE

[試乗記]

北海道から自走でやって来た往年の名車

1978 キャデラック エルドラド

パーツや整備情報が蓄積した川崎の名店にて整備

北海道のオーナー氏のエルドラドが川崎にあるエイブルにて整備を行う理由とは?

更新日:2024.06.24

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/エイブル TEL 044-857-1836 [ホームページ] [詳細情報]

北海道から自走で川崎まで来た理由とは

 エイブルの工場にて納車を待つ往年のキャデラックエルドラド。その周りにはエイブルにて販売した他の車両たちが整備待ちをしている。

 90年代のサードカマロ、ブロンコ、ジープワゴニア、ビュイックリーガルワゴンにシボレーカプリスetc、その他80年代車、70年代車etc、もちろん2000年以降の車両もある。

 普段、我々はエイブルに入庫する販売車両の撮影をすることが多い。

 上記のような90年代以前のアメ車を扱うショップがすでに限られ、個体を見ることがかなうショップが数少ないから。そして適切に治せるショップも少ない。

 くわえてエイブルは積極的にチューニングを行うショップではないから、過度なカスタムによってベースモデルの佇まいが消えてしまっていることもほとんどない。

▲エイブルで整備調整された1978年型キャデラックエルドラドは豪雨の中でも安定して走る。

 エイブルの個体は、その当時の雰囲気を、今の時代に感じることができるから多くの方に見てもらいたいと積極的に乗らせていただいている。

 で、それが可能なのは、昔からずっとそれら年代のアメ車の整備をし続けているから。時代が変わり商材を変えるショップが多い中で頑なに自分たちのペースを貫いている。

 だからパーツ情報や整備情報のノウハウが蓄積し的確な整備が可能であることから、扱うところが少なくなった上記のようなプチ旧車的アメ車ユーザーからの信頼は厚い。

▲7リッターV8を搭載するFFクーペのエンジンを降ろして整備する場合、ミッションと共にエンジンを降ろす必要がある。

▲上記の作業を終えたエンジンルーム。的確な整備のもとご覧のような仕上がり。

 さて、冒頭のキャデラックである。この車両は北海道からのメンテナンス依頼でエイブルにやって来た。オーナー氏は、エイブル代表・原氏の趣味仲間であり、北海道にて複数台のアメ車やバイクを所有しているという。

 そんなオーナーさんがエルドラドの整備をわざわざ川崎にあるエイブルにて行う理由とは、まさしく上記の「信頼」によるものだ。

 1978年型キャデラックエルドラドは、函館からフェリーで青森港に向かい、そこから陸路で、なんと自走でエイブルにやって来た。

 「函館から川崎まで自走できるなら大した整備はいらないだろう」と多くの方は思うかもしれない。

 だが、エイブルにて診断を行うと、というよりエンジンルームを開けた瞬間に誰もが異変に気付いたという。オイル漏れが酷かったそうだ。

 このエルドラドはビッグクーペであり、7リッターV8エンジンを搭載するFFマシン。よってエンジンのオイル漏れを治す場合、シャフトを外しミッションごとエンジンを降ろす必要があるという。

▲往年のビッグクーペ。7リッターV8搭載のFF駆動の直進安定性は抜群。ただしステアリングの切れあまり良くない。

▲エンジンは一発始動でその後の安定感も抜群。試乗を重ねオイル漏れ修理の最終確認を行い納車へ。

 で、その後エンジン自体からの漏れなのかを詳しく診断、必要ならオーバーホールの必要性も考慮しつつ最終的な判断としてエンジン周りのガスケット交換を行った。

 だが、それでもエンジンをミッションごと降ろす必要は生じており、その際も経年劣化でもろくなったパーツ(ゴム類、配線類、ボルト類)を意識しつつ慎重な作業を行い、ガスケット交換&各部のクリーニングを行ったのちに、他の部分の各種点検を行い、いざ納車へとなったという。

 我々は、その納車前に記念というわけではないが、納車前の試乗チェックに同行させていただいた。

▲MSDが装着されデスビやプラグコードも一新されている。

▲オルタネーターはリビルトを使用、ラジエーター等も一新されている。

▲バッテリーも新しくなり、電気関係も完調に。

 その前にエンジンルームを見せていただいた。オイルまみれだったというエンジンルームは、何事もなかったかのようなキレイな状態を維持している。

 点火系にMSDが装着され、プラグコードはしっかり束ねられ、オルタネーターやラジエーター、ラジエーターキャップも輝いている。しっかり手が入り整備された個体というのは誰が見ても一目でわかるほどの状態の良さを誇っているものだが、このエルドラドもその領域に達していると言えるだろう。

 エンジンも一発始動で、78年型ということを忘れてしまうほどスムーズかつ安定している。走りは、びっくりするほどステアリングが切れず(笑)、ボディも大きく、すべてにおいて驚きの連続であったが、車両の状態に不安を覚えることは全くなし。さすがのエイブル整備!

 恐らく帰路も青森まで自走だろうが、きっと行きとは違う安定した走りにオーナーさんも満足するに違いない。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

1978 キャデラック エルドラド

TEST RIDE

エイブル

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

1995 ビュイック ロードマスター

TEST RIDE

エイブル

ARCHIVES

[アーカイブス]

2020 シボレーコルベットC8 コンバーチブル

TEST RIDE

スペース YOKOHAMA

2012 シボレー サバーバン

TEST RIDE

ハッピーアンドドリーム

ダッジ マグナム RT

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ