AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > BuBu BCD > 2018 シボレーカマロ ZL1 vol.2
試乗記 TEST RIDE 2018 シボレーカマロ ZL1 vol.2ヘルキャットやシェルビーGT500だけではない!

2018 シボレーカマロ ZL1 vol.2

GM系ハイパフォーマンスモデルも充実しているBCD

ハイパフォーマンスカーを直輸入するBCDに現状を伺った。

更新日:2020.04.27文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力

BUBU横浜
TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

GM系ハイパフォーマンス車は特に数が少ない

 アメ車の中でも個性溢れる存在を特に重視するというBCD。今回チョイスしたコルベットZ06やカマロZL1といったマシンは、日本では話題には登るものの販売車両としてはあまり目にすることがない。

 特にカマロZL1に関して言えば、BCDではこれまでに10台程度の車両を日本に持ち込んでいるというが、BCD以外で見ることはほとんどない。

ヘルキャットのレッドアイワイドボディ等も積極的に輸入しているが、取材したGM系のハイパフォーマンスモデルも良質な個体が見つかれば積極的に仕入れているBCD。

 BCD高橋氏によれば、「今現在のスポーツカー&マッスルカーの販売率では7:3くらいの割合でチャレンジャー、マスタングが占めますかね」という(チャレンジャーが7)。「このZL1の登場で、カマロの占める割合が一気に増える可能性もあったのですが…、なかなか現地にも良い出物がないのです」という。

 現状、上記国内にはこのブラックのZL1が一台在庫としてあるのみ。BCDですらその程度の数しか入手できないのだ。ZL1のみならず、1LEですら良質な個体がなかなか出ないというからZL1は日本では超貴重な車両である。

 ちなみに、ベースのカマロについてだが、2018年から毎年ディーラー車に試乗しているが、これまた素晴らしく良かったことを付け加えておこう。正直、走りのパフォーマンスだけで言えば、チャレンジャーよりもワンランク確実に上であるし、それをベースにZL1が作られているのだから良くて当たり前なのだ。

 話を戻すが、BCDは日本人的な、日本人の好むような車両、たとえば程度、距離、内装のコンディションetc、を重視することによって、コンディション良好の個体を直輸入している。

ヘルキャットやシェルビーGT500等の整備にも定評のあるBCD。最新機器を駆使した適切なメンテナンスが可能であり、GM系車両に関しても同様の整備が可能である。

 だが、上記のようなパフォーマンスモデルになると、そういった枠内に収まるような車両が本国にすらあまりない。逆に言えば、たとえば7、8万キロ以上走行した車両ならタマ数も見つかるかもしれないが、あえてそうした車両を持ち込まないことがBCDの特徴であるから、結果的に数が絞られる。

 そういう意味では、今BCD内にあるZ06やZL1は非常に状態の良い個体と言っていい(実際に取材している)。

 くわえて、GM系の車両の場合、BUBUの系列にはGMディーラーの存在が身近にあるだけに、整備情報やリコール等の情報共有も可能になり、それが車両を維持する上で大いに役立つことも付け加えておく。

試乗記一覧に戻る BuBu BCDに戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム TRD(Toyota Racing Deveropment)ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車
twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.