TEST RIDE

[試乗記]

アメリカ的質実剛健さと日本的メカニズムの融合

2022 ニッサン フロンティア

日本における絶対数の少なさがもたらす優越感

モデルチェンジ後のフロンティアは初見だったが、そのタフな雰囲気に一瞬で魅了された。

更新日:2023.07.24

文/石山英次 写真/石井秋良

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

雰囲気はまさしくタフなピックアップ

 2021年にモデルチェンジして登場したニッサンフロンティア。米国ニッサンのミッドサイズピックアップである。

 筆者は先日、BCD横浜店にてグレーのフロンティアをたまたま見かけて「めちゃくちゃカッコイイ」と思っていたが、その後BCD阪神店でBAJAストームメタリックのフロンティアを取材して、「やっぱりこっちがいいな」と翻意。

 フロンティアの製作コンセプトは「仕事とアドベンチャーのどちらにも活躍するモデル」らしく、フロンティアのボディカラー・BAJAストームメタリックはそのアドベンチャー的要素をめちゃくちゃ強調しているし似合っている。

 ここ数年あらゆる業界で注目されているミリタリーテイストであるが、フロンティアのBAJAストームメタリックは、そんなクルマ的ミリタリーを気取るのに最適な存在ではないか。とにかくめちゃくちゃカッコイイ。

▲無骨さとタフさと質実剛健さとを一瞬で認識させるフロントマスク。

▲取材個体は2022年型フロンティア、クルーキャブPRO-4X(4×4)の5名乗車。

 で、まずはフロンティアであるが、この型は2021年9月に2022年モデルとしてデビュー。ボディデザインは、ニッサンを象徴するモデル・「ダットサントラック・ハードボディ」からの着想をベースにアグレッシブかつモダンなデザインに仕上げられ、オンオフどちらにも対応するメカニズムを搭載している。

 国内日産の新型車たちはどれも丸みを帯びたデザインが中心だが、米国ニッサンのフロンティアは角張ったタフなデザインに仕上げられている。

 搭載されるエンジンは、90%以上が新設計となる3.8リッター直噴V6エンジンで310psを発生させ、これまた改良された9速ATと組み合わされる。

 ミッドサイズピックアップのバリエーションは、キングキャブは6フィートの荷台を備えた4×2及び4×4、S及びSVグレードが設定され、クルーキャブは4×2及び4×4、S及びSV(SWB&LWB)グレード、PRO-4X(4×4のみ)及びPRO-X(4×2のみ)が設定される。クルーキャブモデルはSV LWBのみ6フィートの荷台を備え、それ以外は5フィートの荷台となる。

▲搭載されるエンジンは3.8リッター直噴V6エンジンで310psを発生させ、9速ATと組み合わされる。

▲フロントグリルエンブレム内にはカメラが内蔵されている。

▲265/70R-17インチタイヤが装着されている。

 一方インテリアは実用的かつモダンな雰囲気を追求しており、7インチのフルカラーインフォメーションディスプレイ付きメーター、センターディスプレイには9インチカラータッチスクリーンを搭載。高性能フルオートエアコンなどを装備し、快適性を高めている。

 また遮音材の追加やフロントドアの遮音ガラスによって、車内に入り込むノイズを低減。疲労感を軽減させるゼログラビティシートによって、快適に長距離ドライブを楽しむことが可能である。
 
 要するにこの段階(2021年9月の発表時)で、すでにモデル末期となっていたトヨタタコマやホンダリッジラインとは別格の洗練性が与えられているのである。

▲インテリアは実用的かつモダンな雰囲気を実現しており、ブラックベースにオレンジの差し色が使用されている。

▲センターディスプレイには9インチカラータッチスクリーンを搭載。

▲疲労感を軽減させるゼログラビティシートはクラス最高峰のホールド性を示す。

 ということで取材車両であるが、2022年型フロンティア、クルーキャブPRO-4X(4×4)、走行1.4万キロのBCD車両である。
 
 BAJAストームメタリックの個体にはビルシュタインのオフロードショックが装着され、オフロードステップレール、トノカバーといった必要不可欠なパーツが装着されており、インテリアもブラックベースにオレンジのステッチが組み合わされた仕様と、個性が強調されたモデル。

 しかもBCD車両であるから、想像以上にヤレ感のないクリーンな個体であり、非常に好感が持てる。

 プラスしてフロンティアのフロントマスクの印象が非常に良い。凛々しさと堅牢さとアグレッシブさを見た瞬間に感じさせる力強いフロントフェイス。

 とにかくタフな感じが伝わってくるし(実際の剛性感も非常に高いというし)、BAJAストームメタリックとの相性も抜群に良いし、それでいて室内空間が洗練されていて装備も充実しているから所有感も満たされる=すなわちアメリカ的な質実剛健と日本的緻密なメカニズムの融合である。

▲荷台にはトノカバーが装備されている。

▲荷台のベッドには高級な下地が敷かれている。

▲オフロードステップレールの使い勝手は最高。

 冒頭にも記したが、ミリタリーやアドベンチャー、もしくはアウトドアといった流行りの中で主張の強い存在は間違いなくジープラングラーなのだろうが、ニッサンフロンティアはまた違った方向からそうした流行りを満たすことが可能な存在だと思う。

 同時に日本における絶対数の少なさがもたらす優越感も味わえるだろう。

 ということで、ニッサン好きはもとより、人とはかぶりたくないレア物好きな方にも最高の存在ではないかと思う。

 こうした数の少ないレアな存在とはいえ、BCDならオリジナルの購入プランが存在するから買いやすさを与えてくれ、購入後のアフターへの不安もないから、レアだからこその不安や不満を感じることはないのである。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場 vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1968 マーキュリークーガー XR-7

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

1987 シボレーエルカミーノ

TEST RIDE

エイブル

2013 インフィニティJX (INFINITI JX)

TEST RIDE

ベルエアー

ダッジ デュランゴ SP360 (DODGE DURANGO)

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

モーターホームとは?

SPECIAL ARTICLES

ロードトレック・ジャパン

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ