TEST RIDE

[試乗記]

歴史に残る名機・6.4リッターV8エンジンをMTギアでブン回せ!

2018 ダッジチャレンジャーR/Tスキャットパック

F8グリーンのシックな雰囲気にも好感

今や入手困難と言われているチャレンジャーのMT車。割合としてはヘルキャットを探し出すよりも困難かもしれないという。そんなMT車を取材した。

更新日:2024.02.27

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

ギアの違いは「別物」を運転しているかのような違いを生む

 ダッジチャレンジャーは、大きく分けて3つのラインナップで構成されている。V6群、V8群、V8スーパーチャージャー群と。

 ボディ自体がほぼほぼ変わらないという前提で考えれば、エンジンのみの違いが購入時の最大のポイントとなる。そして自分の購入エンジンが決まれば、その段階でワイドボディのあるなしを検討し、ワイドボディが欲しければそちらをチョイスすれば良い。

 だが、もう一つ大きな違いが存在する。それがATかMTかというギアの問題。もちろんMTをチョイスする場合はV8以上のモデルとなるが、このギアの違いはまるで別物を運転しているかのような違いになるから、注目すべきと言えるだろう。

▲2018年型チャレンジャーR/Tスキャットパック、走行3.6万キロの認定中古車。

▲F8グリーンのボディカラーにボンネットフードのブラックとホイールのブラック、さらにはバンブルビーストライプといったグリーン&ブラックのコーディネートがキマっている。

 ちなみにMT車を購入検討する場合の現実的なモデルは「6.4リッターか5.7リッターか」となるのだろうが、その場合は間違いなく6.4リッターをチョイスすべきである。

■HEMI 6.4リッターV8:485hp@6100rpm、475lb-ft@4100rpm
■HEMI 5.7リッターV8:375hp@5150rpm、410lb-ft@4300rpm(MT車)

 スペックにして約110hp、最大トルク75lb−ftの両者の違いだが、実際には数字以上の違いがある。
 
 もちろん、排気量による自動車税の違いが年2万5000円程度あるが、所有した満足感はきっとそれを上回る! というか歴然の差である。

 くわえて世界中から消えた大排気量V8NAエンジンという点においても極上の優越感で圧倒する。それがMT車ならなおのこと!

 ちなみに2月20日現在、某有名中古車検索サイトにて「ダッジチャレンジャー」で全国検索をかけると196台の掲載車が現れる。そのうちMT車は17台だったが、70年代のチャレンジャーが1台、V6モデルの掲載ミスが2台ということで、実質本当のMT車は14台。

 さらにそのうち4台がR/T、2台がヘルキャットだから、6.4リッターV8エンジンを搭載するMT車は6台のみ。

▲インテリアは、ひと目見てギアシフトとペダル配置に違いを感じる。ギアシフトの位置や角度も非常に良い。

▲ハースト製のピストルグリップ式のギアシフトが超絶心地よい。マスタングには球型、チャレンジャーにはピストルグリップがマストかもしれない。

▲3ペダルの配置や操作性に全く文句なし。特にクラッチの操作性は格段に良いので、誰もが比較的簡単に操ることが可能である。

 ということで、ざっと計算して某有名中古車サイトに掲載されるダッジチャレンジャー高年式のMT車(6.4リッターV8エンジン)はAT車の1/30の数もないということになる(下手したらヘルキャットを探すよりも困難かもしれない)。

 しかも、その6台の中で、自分なりに納得できる程度&価格のモノとなれば……実質的には「日本全国に数台しか流通してない」というのが、チャレンジャーのMT車(6.4リッターV8エンジン)なのである。

 ということだが、そもそもなぜMTなのか?

 チャレンジャーは、ダッジチャージャーやクライスラー300と基本コンポーネンツを共有する。だから、ガワは違えど同じパーツやデザインが採用されていたりする。

 とはいえ、それをもわかっていた上でチャレンジャーを買うわけだから、そこに文句があるわけでは全くない。が、そうしたもろもろの派生パーツを一つ一つ拾っていくと、絶対的な差別化が図られている部分がある。

 そう、チャレンジャーとチャージャー、300における唯一にして最大の違いが「MTミッション」である。なので他と差別化を図りたい、そして固有の楽しみを味わいたい、というなら断然MT車がオススメと言いたいのである。

▲メーター内左側に配置されたタコメーターの針の動きを自分で操れるのがMT車のポイント。

▲搭載される6.4リッターV8エンジンは485hp、最大トルク475lb-ftを発生させる。MT車だと一段と活発なエンジンのように思えるほど違いが明確。

▲20インチの純正ホイールとブレンボブレーキの組み合わせ。

 そしてそれが6.4リッターV8エンジンならなお良い。すなわち5.7リッターよりも最大パワーの発生回転数が約1000rpm高いからMTで引っ張る楽しさがある!

 今や当たり前となったダウンサイジングターボやPHEV等のハイブリッド車で感じられる「小さな排気量エンジンが頑張って回っている感触」とはまるで異なる大排気量V8エンジンの余裕と、自然吸気エンジンならではの本気を出したときの炸裂っぷりが素晴らしく気持ち良い6.4リッターV8エンジン。まるでエンジンサウンドまで別物と思えるくらいの快音である。

 くわえて、それがMTなら2500rpmから3500rpmの回転数を3速キープで楽しめるし、4速にシフトし、すぐさまシフトダウン、2速まで落としフル加速して3速へ。そして今度は3速レッドゾーンまで引っ張って4速へシフト……と右手と左足の動きをシンクロさせながらのドライビングは快感以外の何物でもない。

 もちろん、そういうハードな運転をしなくても、ギアを自分の意思で操る行為は前近代的だが、自動車好きの琴線に触れると未だに思う。チャレンジャーのMT車はクラッチペダルやシフト位置が抜群にいいから運転もしやすいし。

 プラスしてこの6.4リッターV8エンジンは、ハイパフォーマンスにもかかわらずデリケートな部分がほとんどない=エンジンオイルの交換に気をつけていれば維持コストがさほどかからないのも素晴らしい!

▲ボンネットフードのブラックとホイールとのコンビネーションが絶妙。

▲ツートーンレザーのバケットタイプシートは、乗降性に優れた逸品。中古車としてのコンディションも非常に良い。

 ということで取材個体。2018年型チャレンジャーR/Tスキャットパック。走行3.6万キロの認定中古車である。そしてボディカラーがF8グリーン。

 チャレンジャーといえば、白か黒、またはオレンジやサブライムグリーンといった派手なカラーリングが多いというイメージであるが、この個体はF8グリーンというメタリックカラーとブラックの、なんともシックな組み合わせに痺れる。

 個人的にも抜群の雰囲気を醸し出していると思うし、派手な印象を求める向きには向かないかもしれないが、玄人好みのシックなチャレンジャーが好みなら、このカラーコンビネーションは最高の1台になるのではないか。くわえてMT車である。まさしくレアな一台と言えるだろう。

 すでにチャレンジャー自体が生産終了してしまっているから、今後国内流通にMT車が増える可能性は99%ないと言える。欲しければ現状日本国内に行き渡っている個体の中から出物を見つけるしかない、もしくは現オーナーさんが売りに出した個体があったならそれに飛びつくしかない。

 そんな中での認定中古個体である。BCD車両としてチャレンジャーのMT車を数多く販売してきたBCDにはMT車が集まる仕組みが整っている=履歴が明白かつ程度が確保されているわけだからチャレンジャーのMT車を求めている方には理想的な選択肢と言えるだろう。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

2018 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2020 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1965 ダッジコロネット440 コンバーチブル

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

2018 フォードF150ラプター

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

新型シボレー カマロの実車にふれるチャンス!

NEWS & INFORMATION

キャデラック・シボレー葛西

2014年型シボレーSS

REGULAR ARTICLES

BUBU光岡グループ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーカプリスワゴンLT-1エンジン
シボレーカプリスワゴンLT-1エンジン

268万円

年式:1995年

走行距離:154,000km

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円
支払総額348万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ