TEST RIDE

[試乗記]

ノーマルでも十分楽しめるザ・アメ車!

フォード マスタング コンバーチブル

FORD MUSTANG CONV.

コンバーチブルは、クーペモデルよりもより一段とオシャレだし雰囲気もあるから、速度域関係なく楽しめる。

更新日:2010.05.17

文/編集部 写真/編集部

取材協力/フォードジャパンリミテッド TEL 0120-125-175  [ホームページ]

初代の雰囲気が現代的なメカニズムで甦る

 この現代的なマスタングが登場したのは2005年のこと。その前年のデトロイトショーで発表されたときには、ファーストマスタングに原点回帰してデザインされたこのフォルムに、あらゆるメディアが注目した。ロングノーズ・ショートデッキのプロポーション、当時のファストバックをイメージさせるルーフライン、独特な台形のヘッドライトハウジング、縦型3連のテールランプなど、昔のマスタングを知るものはノスタルジックな思いに駆られ、しばし時を忘れたことだろう。デザインコンセプトはファーストマスタングであっても、メカニズムやテクノロジーは確実に現代車として昇華されている。

 エンジンはV8、V6とも先代モデルから一新され、OHVはSOHCに、V6については3.8リッターから4.0リッターに変わり、一段高い走行性能に進化を遂げた。V8エンジンはアルミ製シリンダーブロックやマグネシウム製カムカバーなどを採用し、最高出力は304馬力を発生。また、クランク角に対してカム角度を変化させるデュアルVCT(バリアブルシャフトタイミング)や可変吸気システムなども採用している。V6エンジンについても、小型・軽量化と高出力化を両立させ、トータルバランスに優れたエンジン特性を発揮している。

 エンジンの進化にともなって、ミッションやサスペンションなども進化した。とくにサスペンションは、多くのファンの声を反映させてリジットアクスルを継承したが、アクスルの支持は3リンクにすることで縦方向と横方向のリンクを別にして、正確なアクスルコントロールを実現している。

アルミ調のインパネ周り。モダンな印象を与え、パッと見の印象はかなり良い。ただし、質感自体はあまり高くないから、過度な期待は持たない方が良いかも。個人的な意見を言わせてもらえば、こういったインテリアの挑戦は好き。これだけでも特別なクルマに乗っている気になるから!

My colorイルミネーションは標準で装備。昼夜でカラーを変えて楽しみたい。

ファッショナブルなアイテムとしても活躍する!

 試乗車は06年モデル。コンバーチブルということで、ボディの緩さなどが気になるところだが、いざ走り出してみるとまったく気にならず、純粋なスポーツカーとは言えないが、それでもそれなりの雰囲気を楽しむアメ車にはなっている。

 エンジンや足回りも、現代のクルマとして十分に機能し全然不足を感じないために、満足感は高い。インパネなどインテリアの質感も洒落た雰囲気で満たされているから、マスタングに乗っているんだ、という気分に浸ることができる。まあお世辞にも「高い質感」とは言えないのが残念だが、これに関しては歴代のアメ車全体に通じることで、個人的な意見としてはこれでも十分だと思っている。

 最近、個人的な趣味趣向が変わってきたからか、速度やパフォーマンスに対する考え方が全然変わってしまった。まったく飛ばす気にならないのだ。だからこそ、最近余計にアメ車に乗りたいと思っている。街中を普通に走っていれば、それこそ燃費だって悪くないし、何より目立つ。だから、ファッション感覚としてでもアメ車を選んでいいのではないか? 

 古いポルシェに乗ってるとオタクに感じるが、この年式以降のマスタングなんかに乗っていると、意外にオシャレに見えたりするものだ。この年代なら、トラブルを気にすることなんて全然ないから、それこそ全然普通に買っちゃってください。ホントに良いアメ車ですよ。

 話がそれたがこのマスタング、コンバーチブルだけにクーペモデルよりもより一段とオシャレだし、幌の耐候性なども高いから、それこそ何通りもの楽しみ方があって、ホントにオススメ。個人的にもいつか手に入れたい。あ〜欲しい。

搭載するエンジンは4.6リッターのV8SOHC。OHVを廃したことで効率化とハイテク化を実現したが、アメ車らしい「味」はいまだに健在。

コンバーチブルは、4座スポーツオープンとして日本でも人気を集めるような気がする。乗降性も悪くない。

トランクの容量も確保されているから、お遊びクルマとしても、実用車としても両立できる。

RELATED

[関連記事]

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ジープディーラーの工場に潜入

TEST RIDE

ジープ西東京

ヘダース交換のススメ

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

SHOP

[同店舗記事]

「Mustang THE BLACK」限定35台で発売

NEWS & INFORMATION

フォードジャパンリミテッド

フォード マスタング コンバーチブル

TEST RIDE

フォードジャパンリミテッド

フォード マスタング コンバーチブル

TEST RIDE

フォードジャパンリミテッド

フォード マスタング コブラ

TEST RIDE

フォードジャパンリミテッド

フォード エクスプローラー

TEST RIDE

フォードジャパンリミテッド

リンカーン タウンカー

TEST RIDE

フォードジャパンリミテッド

ARCHIVES

[アーカイブス]

フォード、サービス事業に関する新HP開設

NEWS & INFORMATION

PCI フォード Web サイト

90's シボレー・サバーバンの人気が再燃中!

REGULAR ARTICLES

ガレージダイバン

キャデラックCTS-V カスタムプロジェクト VOL.7_1

SPECIAL ARTICLES

クワッドドライブ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円
支払総額255万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ