REGULAR ARTICLES

[連載]

ドラッグレース観戦リポート

2012 スーパーアメリカンフェスティバル vol.2

今年も計測器トラブルに見舞われたのだが…

アメ車で楽しむモータースポーツの華と言えば、やはりドラッグレースだろう。そんなわけで今回は、スーパーアメリカンフェスタ2012で開催されたドラッグレースの模様をレポートしよう。

更新日:2012.08.09

文/椙内洋輔 写真/小関一尚

取材協力/スーパーアメリカンフェスティバル事務局 TEL 048-465-6275 [ホームページ]

今年もタイム計測ができずに終わった

 アメフェスでカーショーと並んでいつも楽しみにしているのが、やはりドラッグレースだ。走行距離400メートルの全開競争。10秒ちょっとでケリがつく単純明快なレースは、見ていてスカッとする。もちろん参加したらスカッとどころじゃない気持ち良さだろう。

 ところが、今回はそんな参加者&レポーターの気持ちに水を差す事態が。なんとレースで使う計測器が動作不良を起こしてしまったのだ。で、結局今年のドラッグレースもタイム計測ナシ。レースではなくデモンストレーション走行になってしまった。じつはアメフェスのドラッグレースは、昨年も雨&クリスマスツリー(シグナルのことです)の動作不良で不完全燃焼なイベントとなっていたのだ(来年こそは、ぜひ…)。

 このようにノントラブルとはいかなかった今回のドラッグレースだが、参加者のパフォーマンスは相変わらずの高さ。むしろ安定感と言うか、安心して観戦を楽しめるという意味では、以前よりレベルが上がっている気さえした。

 数年前には何台かコースアウトするクルマもあったのに、富士の路面に慣れてきたためか、今年はみんな綺麗にアスファルトを蹴っ飛ばしていく。今年は雨も降らず、また参加者のモチベーションも良い感じだったようなので、なおさら計測器トラブルの悔やまれるイベントとなってしまった。

今年もストリートクラスからトップフューエルまで、さまざまなマシンが出走。往年の50sやマッスルカーなど、希少なマシンで参加したドライバーも遠慮なくアクセルをべた踏みしていた。写真は1967年式と思しきシボレーカマロ。

こちらは小型の短気筒エンジンで200メートルを駆け抜けるジュニアドラッグレース。今シーズンのエントリーは4台だったが、ドラッグレースのすそ野を広げるために、今も参加者を募集中とのこと。

爆音とともにクォーターマイルを駆け抜けた往年のハーレーたち。速さだけなら最新の国産車を選べばよいのだろうが、あえてこの年代のハーレーを選ぶあたりにコダワリを感じる。バイザー越しに見えるライダーの目付きの鋭さは、本当に戦闘機載りさながらだ。

プロストックカークラスに出場したシボレーノヴァ。プロストックカーは外観にベース車の面影を色濃く残すだけに、かえってマシンの凄味が増している。

ファニーカーやトップフューエルの走りは一見の価値あり

 さて、いつもアメフェスでドラッグレースを取材していて、「これはプレスの役得だよな」と強く感じているのが、観客席より遥かに間近、スタートのすぐ側でドラッグレースを拝めることだ。トップフューエルともなるとスタンドから眺めていてもひっくり返るくらいの迫力だが、ここからだともう、臨場感のケタが違う。

 そんな場所でドラッグレースを観戦してきたレポーターから観客の皆さまにひと言。レースでは派手なバーンナウトやカッ飛んでいくマシンは勿論、レーサーやクルーなどといった「人の動き」にも注目してほしい。とくに分かりやすいのが、レーサーの仕種が外から見えるバイク。そこに注目して見ると、緊張感がまるで違うのだ。

 エンジンの調子を身振り手振りでクルーに伝え、カウルを抑えてもらい、2人がかりでマシンを制しながらのバーンナウト、ギアを1速に蹴り込む体の動き……。一瞬でケリがつくレースに対し、集中力がキンキンに高まってるのが分かる。まるでスクランブル発進する戦闘機載りのような凄味が漂っているのだ。

 今年とくにアツかったのが、ドラッグのためにフルチューンされたと思しき4台のヴィンテージ・ハーレー。何度もドラッグレースを拝んではきたけど、今年の彼らのパフォーマンスには、本当に奮い立つようなものを感じた。来年もぜひ雄姿を拝ませてほしい。

 ここまではレポーター的な、ミクロ&マニアックな観戦術をお話したが、そうは言ってもドラッグレースの華と言えば、何千馬力もあるファニーカーやトップフューエルの走りっぷりだ。バーンナウトで「アスファルト溶けちゃってんじゃないの?」というくらいの白煙を噴き上げ、アイドリング時の不穏感も桁違い。もちろん轟音と共に吹っ飛んでいくスタートの迫力たるや、おもわず笑っちゃうくらいの凄味なのだ。

 そんなわけでアメフェスのドラッグレース、それもファニーカーやトップフューエルの出走については、レポーターはなるたけサーキットに降りて観戦するようにしている。もちろん、報道関係者の特権をフルに使って、キモチ良くなってやろうという魂胆だ。
 
 余談だが、この距離で長時間観戦する場合、耳栓は必須。耳栓なしで取材しているオトコなカメラマンもいるが、数日間は難聴で苦しむこと必至だろう。ちなみにトップフューエルが走る瞬間は、たとえ話ではなく、本当にサーキットのアスファルトが震えているのが分かります。足に伝わってくる。こんな経験をしてしまうから、また来年も「アメフェス行きたいな」と思ってしまうのである。

2輪部門では、アメリカでも大人気の和製モデルも活躍。ニンジャやハヤブサ、ZZRなどが、4輪顔負けのパフォーマンスを披露していた。

パイプフレームで組んだボディに色鮮やかなカウルをかぶせたファニーカー。こちらはファニーカーのカウルを開けた状態。ドライバーの前に鎮座するスーパーチャージャー付きV8エンジンの迫力がすごい。

ドラッグレースの最高峰を担うトップフューエル。燃料はニトロメタン&燃費は5〜6メートルあたり1リッターという大飯ぐらいで、最高出力は5000馬力とも8000馬力とも。その迫力は他のクラスのマシンを圧倒するもので、サーキットに降りてみていると、体を叩く空気のしびれや脚に伝わってくるアスファルトの振動にビビる。

<関連記事>
>> 2012 スーパーアメリカンフェスティバル vol.1 を見る

RELATED

[関連記事]

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場 vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2016 キャデラックエスカレード vol.2

TEST RIDE

ブルート

2013 シボレーカマロ LTRS vol.2

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

BUBU宇都宮ショールーム vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

スーパーアメリカンフェスティバル 2022

NEWS & INFORMATION

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

スーパーアメリカンガレージ2019 朝霞の森が開催

NEWS & INFORMATION

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

アメフェスのダイジェスト動画を公開!

NEWS & INFORMATION

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

スーパーアメリカンフェスティバル2018 in お台場 vol.1

SPECIAL ARTICLES

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

スーパーアメリカンフェスティバル2018 in お台場 vol.2

SPECIAL ARTICLES

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

写真で見るアメフェス参加車両 vol.04

REGULAR ARTICLES

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

ARCHIVES

[アーカイブス]

ARCHIVES

[アーカイブス]

エンジンのオイル漏れを止めよ

SPECIAL ARTICLES

阿部商会

キャデラックATS (CADILLAC ATS)

SPECIAL ARTICLES

GMジャパン・カスタマーセンター

フォードマスタング V6 (FORD MUSTANG V6)

TEST RIDE

ASDN公式ホームページ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

1992 GMC サイクロン

レーストラック

ジャパンレーストラックトレンズ

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ