TEST RIDE

[試乗記]

ヘルキャットのトップレンジモデル797hpで登場

2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット レッドアイ

ノーマルヘルキャットも717hpにパワーアップ

2019年モデルでヘルキャットはさらなる高みに登る。トップモデル・レッドアイの登場である。パワーは史上最強の797hpである。

更新日:2018.07.02

文/吉田昌宏 写真/FCA

ヘルキャットがさらに一段と強化された

 6月上旬の当サイトの記事でチャレンジャーのニュースを掲載した。その時点では、限定生産のデーモンの生産が終了し、2019年から新たなシュノーケルフードを装着したチャレンジャーにモデルチェンジする…、みたいな記事だった。

 で、その記事の展開として、2019年型のチャレンジャー・ラインナップが公式に発表された。そして驚きが。ヘルキャットには、さらなるトップモデルが登場する。その名も「レッドアイ」。搭載されるパワーユニットはデーモンに搭載されたものとほぼ同一。パワーは797hp。

 デーモンは、840hpを発生するといわれているが、あれはレースガソリン使用のもとでのパワーであり、それを使用しなければパワーは790hp程度。まさに今回のレッドアイに搭載されるエンジンそのものである。

 デーモンは、いわゆるドラッグ系マシンを前提とした作りのため、曲がりを走る際のサスペンション仕様には難がある。だが、レッドアイはヘルキャットベースのため、その辺は街中仕様になっているから、大手を振って797hpを楽しめるはずである。

 一旦整理すると、ヘルキャットには、すでにワイドボディモデルがラインナップに存在している。だからレッドアイにもそのワイドボディが適用される。ということで、ヘルキャットだけをまとめると以下のようになる。

Challenger SRT ヘルキャット モデルラインナップ:1/4-mile タイム/スピード:トップスピード
■レッドアイ ワイドボディ:10.8 秒 @ 131 mph:203 mph
■ヘルキャット ワイドボディ:10.9 秒 @ 127 mph:195 mph
■レッドアイ:11.1 秒 @ 131 mph:203 mph
■ヘルキャット:11.2 秒 @ 125 mph:199 mph

デュアルシュノーケルフードが新たに採用された797hpを発生させるヘルキャットレッドアイ。そしてそのワイドボディが2019年のラインナップ最強モデルとなる。

 まず、タイム数値はメーカー公式発表数値である。見比べると、レッドアイのワイドボディが圧倒的速さである。797hpのパワーとワイドボディを生かしたリアタイヤ幅のトラクションによる効果だろう。フェンダーの空力低下をものともせずの瞬足ぶりを示している。

 各車に搭載されるエンジンは、6.2リッターV8スーパーチャージャー。レッドアイは797hp、ヘルキャットはこれまでの707hpから10hpアップの717hpへとパワーアップしている。なお、デーモン譲りのV8スーパーチャージャーには、大型スーパーチャージャーに強化コネクティングロッド&ピストン、高速バルブトレイン、燃料噴射システム、高ブースト圧がもたらされ、基本6200回転のレブリミットを6500回転に上昇させているという。

■レッドアイ:797hp、最大トルク707lb-ft
■ヘルキャット:717hp、最大トルク656lb-ft

 で、レッドアイには8速ATのみが組み合わされ、ヘルキャットには、既存の6速MTと8速ATが用意されている。なお、レッドアイにはアップグレードされたトルクコンバーターが使用されている。

デュアルシュノーケルフードは、1970年ダッジダートスゥインガーや1971年ダッジデーモン等のマッスルカーへのオマージュであり、ダッジ特有のマッスルカーデザインに敬意を払う意味も込められている。

 また今回はエクステリアの違いがもたらされてる。これまでヘルキャットに装備されていたパワーバルジのアルミフードは、スキャットパック等に装備されることになり、レッドアイ、およびヘルキャットにはデュアルシュノーケルフードが新たに採用される。

 このフードは、1970年ダッジダートスゥインガーや1971年ダッジデーモン等のマッスルカーへのオマージュであり、ダッジ特有のマッスルカーデザインに敬意を払う意味も込められている。

 世界中の各自動車メーカーが、収益性の高いクロスオーバーやSUVへと舵を切っていくなか、チャレンジャーが行う2019年のアップグレード。馬鹿げていると揶揄されるかもしれないが、世界最強の797hpである。メーカー基準の公道使用車両で797hpって……、ホントアメ車らしくて素晴らしい(笑)。

 「もうすぐモデルチェンジ」とか、「生産終了の廃止」とか、「まったく違うデザインに変更される」とか、何かと噂の多いチャレンジャーだが、個人的にはずっとこのカタチのままでこの先も残ってもらいたいと思っている。

ヘルキャットのロゴバッジの目が赤く塗られている。それこそがレッドアイ。797hpを発生させるワールドクラス最強エンジンである。




この動画、上記文章を読んで見れば、映像だけみてもいろいろわかります。


こちらは走りが見られます。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

2000年型シボレー・アストロ LS AWD ヤナセもの

SPECIAL ARTICLES

インポートカーグローバル

1971年型シボレー カマロ RS プロツーリング

REGULAR ARTICLES

6DEGREES(シックスディグリーズ)

新旧フォードマスタング

SPECIAL ARTICLES

ガレージダイバン

インフィニティ QX56

TEST RIDE

カークラブ・ベガス

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ