REGULAR ARTICLES

[連載]

懐かしき4thカマロのZ28コンバーチブル

シボレーカマロ Z28コンバー (CHEVROLET CAMARO)

想像以上に良質な走り(あくまでオープンカーとして)

今や懐かしき存在として、個人的には貴重な存在だと思っているシボレーカマロ4th。中古車市場ではイマイチ流通量が少なく、出物を見つけるのが難しいのだが、今回エイブルにてオープンモデルを試乗。これがまた結構良かったのである。

更新日:2015.07.15

文/椙内洋輔 写真/内藤敬仁

取材協力/エイブル TEL 044-857-1836 [ホームページ] [詳細情報]

4thカマロが市場から消えている現実

 ずいぶんと前からだが、中古でカマロといえば「サードか現行5代目カマロ」というのが相場である。なぜだか4thカマロは、一時あれだけ見たにもかかわらず(ハマー以上に街を走っていた)中古車市場から姿を消してしまい、また「欲しい」という声もそれほど聞かなくなっていったのである。

 エイブルの原氏によれば、「4thカマロはここ数年で急激に数を減らしていて、程度の良い個体を探すのが困難なほどです。それは、サードカマロにまではいる熱狂的なファンがおらず、『お金をかけてキレイにして乗る』というコアなファンがいないことで、結果的にトラブルが起これば修理することなく手放し、またそれを治してまで売るショップもなく、どんどん姿を消していったという悪循環に陥っていったのだと思います」という。

 とはいえ、続けて原氏は「LT-1にせよLS-1にせよ、コルベットに匹敵するエンジンを搭載しているだけに、この先、価値が見出され再び日の目をみることは十分にありえますよね」とも。

コルベットと同様のエンジンとはいえ、若干のディチューンを伴うが、それでも305hpのV8はご機嫌なサウンドを伴って必須事項と言えるだろう。

 筆者的には、4thの新車時代を知っているだけに、また4thの良さ悪さを体感してきただけに、衰退の一途をたどる4thに胸を痛める一方で、今回の取材車のように、生きてる4thを是非とも長生きさせたいと思うのである。

 取材車は2000年型のZ28コンバーチブル。4万マイル走行の新車並行車であり、シンプルなRKスポーツのエアロにSSフードを組み合わせ、マフラーはアドバンスオート製が装着されている。

 また、もともとはTE37ホイールを履いていた中古車だったが、今回はあえて純正ホイールを履かせ、素の状態での4thを味わわせてくれた。

 4thカマロは、1998年にマイナーチェンジを行ない、ピーナッツ型のヘッドライトに生まれ変わり、同時に搭載エンジンがそれまでのLT-1からLS-1に変更されている。取材車は2000年型だから当然LS-1が搭載され、そいつはザっと305hpを発生させるV8だから、現代の基準で考えてもパワー不足を感じることはまったくない。

派手なエアロではなく、リアスポもなく、ホイールも純正に戻したのはエイブルの見識。個人的にもシンプルイズベストだと思う。4thならなおのことそう思う。

 この車両、売買契約後に納車整備が行われるというが、現状でも思っていた以上に気持ちよく、まったく普通に走るから想像以上の個体といってもいいだろう。300hpオーバーのスポーティカーということで、スポーツカーでは決してないが、それでもアメリカンV8を歌わせた一般道路での試乗は格別に気持ちいい。

 なお、コンバーチブルだからこそ幌の状態が気になるが、もちろん遮音性に関していえばそこそこ、ということになるのだが、耐候性は十分に現代的であり、日常的に使用するに何ら問題ないレベルと言っていいだろう。

 たしかに数がどんどん減っていっている4thだが、こうやって乗ってみると昔わからなかった面白さが確実にあり、とくによくできた最近の新車たちはどれも遮音、静粛性が高まっているからこそ、アメ車らしさが減っているとも言えるわけで。

 だがこうして改めて4thのに乗ってみると、中古車としての魅力は十分にあり、今なとなっては意外にもボディが小さく感じるし、それでいてV8サウンドはご機嫌なんで、適度な価格帯のV8モデルが欲しければ、数が減ってきた4thは逆に魅力的に映るような気がするのだが、みなさんはどう思うだろうか?

幌は、その当時のものだが、耐候性は十分に現代的であり、日常的に使用するに何ら問題ないレベル。

RELATED

[関連記事]

シボレーカマロの最終モデルは入手可能

TEST RIDE

キャデラック・シボレー葛西

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

2013 シボレーカマロ LTRS vol.2

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

SHOP

[同店舗記事]

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

1995 ビュイック ロードマスター

TEST RIDE

エイブル

2009 リンカーン MKX

TEST RIDE

エイブル

2001 シボレータホ

TEST RIDE

エイブル

ARCHIVES

[アーカイブス]

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円
支払総額255万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ