AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > オールドカー・旧車の世界 > リンカーン ナビゲーター
連載 REGULAR ARTICLES リンカーン ナビゲーター高級化路線のトレンドをいち早く掴んだ傑作車

リンカーン ナビゲーター

LINCOLN NAVIGATOR(98-02)

98年型として97年の夏にリリースされた初代リンカーン ナビゲーターは、高級SUVの「元祖」として、歴史に残る一台である。現存する優良な個体は、日本にはもうほとんどないと思われるが、仮にもし見つけたならば、一度乗ってみると良いかもしれない。

更新日:2012.04.02文/石山英次 写真/フォードモーター / ゼネラルモーターズ

高級SUVはナビゲーターが元祖だ

 90年代のSUVを振りかえると、それはまさに今日の黎明期とも言える時代だった。フルサイズとコンパクトというふたつのサイズはより「細分化」され、コンパクトサイズはミッドサイズとミニサイズに分かれ、フルサイズの上にはエクスカージョンのようなジャイアントサイズが追加された。

 また、キャラクター付けという部分では、本来はカジュアルでスポーティさがウリのSUVに「高級化」が進んだ。装備を充実させたグランドチェロキーが、ビバリーヒルズを舞台にしたテレビCMを流すなど、それまでとは違ったアプローチが試されたのだ。

 そしていくつかのメーカーが高級化のトレンドをいち早く嗅ぎつけ、商品化を進める。そう、そこで誕生したのがこのリンカーンナビゲーターである。

 98年モデルとしてリリースされたこの第一世代のナビゲーターは、97年の夏に発売が開始された。アメリカ国内ではメルセデスベンツMクラスと同時期で、かなり話題となったのを記憶している。まだキャデラックエスカレードはもちろん、BMW X5やポルシェカイエンなんかが存在しなかったときの話だ。

 リンカーンディビジョンを持つフォードがこの手のSUVの開発に着手したのは、グラチェロの好調な販売もあるが、自社製品でマーケットの手応えを感じていたことも関係する。たとえばエクスプローラーがそうだ。90年にデビューし、90年代の中盤には年間30万台にまで膨らんだコイツの売れ筋といえば、もっとも廉価版の3ドアモデル。だが、エディバウワーのようなゴージャスなモデルが、着実に販売台数を増やしていたことも確かだった。フォードはそうした傾向をにわかに感じていたのである。

 また、高級SUV誕生の裏にはアメリカにおける税制上の変更も関連する。リンカーンやキャデラックといった高級セダン系が会社の経費として100%認められなくなったのがその要因だ。ただ、この税制には抜け道があり、トラック部門に対しては100%経費として計上できるという但し書きがあった。そこで、メーカーは高級なトラック部門のクルマをつくることでユーザーが逃げることをくい止める策を思いついたのだ……。

 といった経緯でナビゲーターが生まれたと考えられる。まぁ本意はどれにせよ、様々なファクターが重なり合ったと考えるのが妥当ではないだろうか。

 ちなみに、リンカーンはナビゲーターの誕生で、その年長年販売台数で負けていたキャデラックを抜いてしまった。

 一方でキャデラックも黙ってはいない。彼らは2000年モデルとして用意していたエスカレードのプロジェクトを約1年半前倒し、98年に99年モデルとしてエスカレードをデビューさせることにした。初代エスカレードがGMCユーコンデナリとほぼ同じ内容だったのはそのためであり、半ば強引に発売に至ったのである。

 実際のところ、当然ながらエスカレードは準備されていた。が、ここまで早く販売する計画ではなかった。99年のシルバラードを待って、そこから取り組もうと考えていたからだ。

 ところが、ナビゲーターが予想以上にマーケットに受け入れられ、販売台数をどんどん稼ぎ出した。で、急遽タホの上に位置するGMCユーコンデナリに手を加え、初代エスカレードを登場させたのだ。初代はパワーユニットやサスペンションまわりはタホと同じ。外観でマスクやバンパー、フェンダー類、内装でゼブラノウッドを使った以外は、ほぼ共通パーツを使用する。これといって新しいところは何もなかった。そのため、ナビゲーターの圧勝を盛り返すための原動力にはまったくならなかったのだ。

>> ナビゲーター エアサストラブルを見る
ナビゲーターの中身は、エクスペディションだ。もっといえばFシリーズピックアップをベースとするトラック用シャシーに豪華なボディを載せたのがその正体だ。とはいえ、デビュー時からロードレベリング機構付きのエアサスを装着するなど、エクスペディションとの差別化も行われているのだ。
98年型は230馬力の5.4リッターV8(シングルカム)だが、99年ではふたつのエンジンに分かれている。ひとつは260馬力の同シングルカムV8、もうひとつは300馬力のツインカム32バルブV8。その後この300馬力ユニットは一本化され、05年モデルではさらに手が加わりSOHC 3バルブユニットになる。
このクルマを初めて見た時のインパクトは、いまだに忘れられない。「すげ〜豪華だな」と、当時の質素を旨とするアメ車中で際立っていた。それ以降のナビゲーターにおいても、このインテリアの造形においては、抜群の独自性を貫いているから、素晴らしい。
今となってはレアアイテムとして持ち上げられている初代エスカレードではあるが、その当時は、「タホの顔替え版」としてかなりの酷評を受け、人気に火がつくことはなかった。

連載一覧に戻る オールドカー・旧車の世界に戻る

日本カリフォルニアカスタム サンシェードQUAD DRIVE(クワッドドライブ)DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー

アメ車検索

アメ車検索詳細

株式会社アイダックデザインオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.