AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > エアストリーム・ジャパン vol.2
特集 SPECIAL ARTICLES エアストリーム・ジャパン vol.2ラグジュアリーでサステナブルな旅を

エアストリーム・ジャパン vol.2

ステイホーム時代を旅する新たなベースキャンプを目指して

約90年前の誕生以来、美しく大きな曲線を描くエアストリームはアメリカを象徴する文化のひとつとして、いまなお存在し続けている。昔と変わらぬハンドリベット工法で作られるこの銀色の幌馬車に、新しい時代のロードトリップを求め、いま魅了される大人たちが急増している。

更新日:2021.01.20文/石井秋良 写真/石井秋良

取材協力

AIRSTREAM JAPAN
TEL 048-481-6462 [ホームページ]

BIZEN BASE CAMP
TEL 0869-92-4600 [ホームページ]

くつろげる琉球畳を敷き詰めたワンちゃん仕様

香川県から25フィートの20thモデルで駆け付けた関口さん。室内には琉球畳を敷くなど個性的なカスタマイズ。ワンちゃんたちにとって憩いのスペースになっている。牽引車はシボレー・エキスプレス・コンバージョン。
オーナーの安部さんはエアストリーム・ジャパンのチーフエンジニア。頼りがいのある人がいてくれるだけで安心です!

こちらも限定20thモデルで関東から参加

東京を木曜日に出発しノンビリ走って来ました

そう語るのは25フィートの1999年モデルを新車で購入した東さん。普段はエアストリーム・ジャパンに預けてあるという。「実はこれナローボディ最後の25フィートなんですよ!」という希少なジャパン専用スペックだった。
もちろんビゼン・ベースキャンプの秋山さんもエアストリーム・オーナーで、上が実際に家族で楽しんでいる車両。ちなみに右は体験宿泊用の1台だ。

最後はオーナー秋山さんをご紹介!

関越自動車道・所沢ICよりクルマで10分ほどに構えるエアストリーム・ジャパン。キャンピング・トレーラーの最高峰「エアストリーム社」の正規総代理店でもある。広大な敷地には展示車両や点検整備を待つ数多くのエアストリームが置かれ、静かなエリアながらも荘厳な雰囲気を漂わす。またオーナーから依頼される管理車両も多く、ここから全国へと旅に出る車両のベースともなっている。
〒352-0004
埼玉県新座市大和田4-15-2
Tel.048-481-6462 
airstreamjapan.co.jp
営業時間|10:00~18:00
定休日|毎週水曜日・木曜日

エアストリームの総本山「AIRSTREAM JAPAN」

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

キャディラック・シボレー東名横浜,相模原NUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.